【栃木市】「フォレストアドベンチャー」は大自然の中でアスレチックを楽しめる!

子連れ遊び
クラーケン
こんにちは!クラーケン(@Wowdelicious)です。

栃木県栃木市にある「フォレストアドベンチャーおおひら」に行ってきました。

フォレストでアドベンチャーできるんですね!

例えば、こんな感じです。写真だと分かりにくいんですが、結構高いんですよ!

もちろん、安全装置はつけますよ!

5歳から参加できる「ディスカバリーコース」を体験してきたので紹介します!

フォレストアドベンチャーの情報

アクセス

ご利用条件

年齢や身長体重によって参加できるコースが決まります。
コースは2つあります。

〇ディスカバリーコース
  5歳以上 & 身長110cm以上

〇アドベンチャーコース
  小学校4年生以上または身長140cm以上 & 体重130kg以下

2コースともチャレンジしちゃう欲張りなコースもあります。

〇スペシャルパック(ディスカバリーコース + アドベンチャーコース)
  アドベンチャーコースと一緒

ご利用料金

〇ディスカバリーコース
  大人(18才以上)  :¥3,000
  子ども(5~17才)  :¥2,000

〇アドベンチャーコース
  大人(18才以上)  :¥3,500
  子ども(17才以下) :¥2,500

〇スペシャルパック(ディスカバリーコース + アドベンチャーコース)
  大人(18才以上)  :¥4,500
  子ども(17才以下) :¥3,500

クラーケン
体力に自信ありならスペシャルパックがお得ですね。

営業時間・定休日

〇営業期間
  通年

〇定休日
  水曜日(祝日・学校休業期間を除く)

〇営業時間
  通 常 9:00~17:00
  夏時間 9:00~18:00(7,8月)
  冬時間 9:00~16:00(11~2月)

基本は予約です。
公式サイト

冒険の流れ

冒険の流れ

1.受付(予約の20分前)
 ・契約書記入
 ・事前清算
 ・ルール読む

予約時間の20分前に受付するのがキーポイントですね!(自戒の念を込めて)
私たちはうっかりしていて予約5分前に受付しました。遅刻です。
が、次の回に入れてもらえました。

クラーケン
あせったぁ。遅刻してすみません。。。

受付が終わったら、整理番号が呼ばれるのを待ちます。

待ってる間にトイレ行くべしです。
ハーネス(安全装置)を装着した後のトイレは面倒です。
なぜなら、一回はずしたらまたスタッフの人に取り付けてもらわないといけない

冒険の準備(服装、持ち物)

冒険に出るための準備

〇必ず用意するもの
 ・洋服
 ・運動ぐつ
 ・ズボン
 ・飲み物(スタート地点に置き場所があります)

〇あるといいアイテム
 ・ビデオ、カメラ【安全講習中は撮影不可(参加しない人が撮影はOK)】
 ・タオル
 ・虫よけスプレー
 ・着替え
 ・手袋

小さめのリュックなら身に着けてアドベンチャーしてもOKだそうです。

施設マップ

施設MAP

今回挑戦したのは 青のディスカバリーコースです。
5歳から挑戦できます。

ディスカバリーコース

ここから、実際体験したコースの紹介です。

ディスカバリー1

まずは「TIBETAN BRIDGE」です。

TIBETAN BRIDGE

これは簡単ですね!
「TIBETAN BRIDGE」ってイタリアにあるみたいですよ。(イタリア以外にもありそうだけど。)

クラーケン
本場の「TIBETAN BRIDGE」めっちゃ怖い。

お次は「LOG SWING」です。

ログがスィングします。結構怖いです。

LOG SWING

「ENGLISH CROSSING」!楽勝です。

各コースの最後はジップスライドで〆ます。

スライド中に「クルッ」て後ろ向きになってしまう人が多いようです。

ディスカバリー2

2番目のコースに行きます!

途中で道が二つに分かれているそうです。
まずは、ハシゴを上ります。

丸太のみ。地味に怖い。

橋っぽいのはだいぶ慣れてきましたよ!

ここで道が分かれます。
左が最短コース。右がちょっと長いコース。

ちょっと長い右のコースに進みました。難易度は同じみたいです。

足場が固定されていないのは、けっこうしんどい。

足場固定されてれば余裕ですー。

〆はジップスライド!楽しぃ~!

出口は緑の看板が目印です。

ディスカバリー3

ココから後半戦です。

ハシゴはもう慣れっこですが、疲れが。。。

クラーケン
気を緩めたらダメですよ!
手すり無しだと怖いなぁ。

ハーネス(安全装置)をしっかり持って渡りましょう!

次は足場ありません。網のみ。

娘はハーネス頼り。

〆は、ジップスライド。今までより高い気が。。怖い。

でも、滑ってしまえば気持ちいぃ~~。

ディスカバリー4

ラストコースです!

高所作業による緊張感と、この日の最高気温36℃で
汗が止まらない。夏場はタオル必須です。

クラーケン
ラストがんばるでー


とにかく汗が止まりません。手袋があってもいいかも。

次は、「BOSUN’S CHAIR」

クラーケン
「BOSUN’S CHAIR」?坊さんのイス?もしやアトラクション名って適当!?

適当に名前つけてるわけではありませんでした。
こんなのを、「BOSUN’S CHAIR」って言うらしいです。

BOSUN’S CHAIR

Amazonの画像引っ張ってきました。

フォレストアドベチンャーにある「BOSUN’S CHAIR」はこんな感じ!

ジップライドのように「ススーー」と渡れます。

が、着地に失敗すると、真ん中のほうまで戻ってしまいます!
私は娘をうまくキャッチできず!娘は真ん中のほうへも戻っていきました。

娘はロープをたどって自力で渡ってきました。

お次は〇×橋ですかぁ~。よゆう~。

で、このアミアミが結構クセモノです。

120cm程度の子供は立って渡れますが、大人は四つんばいです。

最後の関門ボルダリング!

足場が狭くて緊張します。

上って、ジップスライドで滑り降りればコースクリアです!!

お疲れ様です!

まとめ

栃木県栃木市にある「フォレストアドベンチャーおおひら」の「ディスカバリーコース」を紹介しました。
夏場だったらタオルは必須です!オススメの季節は「秋」ですかね。

自然の中でチョットスリルを味わいたい!という人にはお勧めです!

ただ、低年齢の子の場合は「怖がってできない子」もいるので、その辺は
適性を見極めてください。