【日光】床滑(とこなめ)で涼を満喫&駐車場について

クラーケン
こんにちは!クラーケン(instagram.com/kraken39s)です。

日光市にある「床滑(とこなめ)」に行ってきました。今まで霧降の滝に何度行ったか分かりませんが、霧降川にこんな場所があったとは知りませんでした。
ツアーっぽい人たちもいました。ツアーあるなら参加してみたいと思いちょっと調べてみたら、キャニオニングのツアーがあるんですね。楽しそう。

本記事では、床滑の全貌を明らかにするとともに駐車スペース(お盆時期)についてまとめました。

床滑(とこなめ)ってこんなとこ

なんといっても、一枚岩が特徴的な床滑。入り口から下流側、上流側と詳しく見ていきましょう。

入口

写真真ん中の案内標識が目印です。「床滑」って書いてありますね。写真右側に見えるのが、駐車可能なちょっと広いスペースです。4,5台は停められそうです。

案内標識の方向に下っていくとすぐに小さい川?があります。

小さい川を拡大するとこんな感じで、これより先はバシャバシャ濡れながら歩いていきます。

下流側

案内標識を下りきると、こんな景色が広がります。テーブルとイスをセッティングしている人もいますね。

天然のウォータースライダーもあります。ツアーの人たちが挑戦中みたいですね。

天然スライダーに挑戦する場合はライフジャケット、ヘルメット、ウェットスーツ、くつがあると安心ですね!
水着ですべったら、擦り傷だらけになりそう。。。

クラーケン
安全第一で!
イスを持っていくのはおススメですね。足だけひんやり涼しくて物凄くリラックスできますよ!
川の端っこにひっそりと佇んでいれば迷惑になりませんし。
日光‗床滑‗イスとテーブル
クラーケン
イスとテーブル持って来てるグループは5組くらいいましたねー。
ここで食べたらなんでもウマイでしょー!
上流の方も見ていきましょう!
日光‗床滑‗一枚岩

上流へ行ってみる

上流の方へ行ってみましょう。一枚岩の部分はサクサク進んでいけます。

上流のほうは深い所も多々見られます。なるべく濡れないように、端っこを通って登っていきました。

クラーケン
ちなみに、私は途中2回ころびました。
びしょびしょです。

一枚岩の部分は歩きやすいんですけどねー。テント張ってる人もいましたよ。
日光‗床滑‗上流へ
しばらくするとゴールです。なかなかの迫力です。
滝行もできますよ!
日光‗床滑‗アップ
真下から撮影するとこんな感じ!
近づくと水しぶきが物凄い!発電できそうです。
日光‗床滑‗滝‗アップ

駐車場・トイレ・電波の状況

駐車場・トイレ・売店・更衣室・電波はありません。

クラーケン
電波ないです!帰りに温泉を検索しようとして気づきました(笑)森を抜ければすぐオンラインですけどね。

行くときはグーグルのナビでたどり着けますよ。
おそらく途中でオフラインになります。でも、オフラインになるころには一本道なので問題なしです。問題はどこに停めるかですよね。

下の写真はお盆時期の駐車の様子です。「床滑入口」のそばから、ずらーっと車が停まっていました。皆さんこんな感じで停めて川遊びを満喫していました。
日光‗床滑‗入り口
私たちは11時頃に撤収。その帰り道の様子です。本当にずらーーっと停まってます。
日光‗床滑‗駐車場‗アクセス3
ちょっと広い場所だと両サイドに停まってます。
日光‗床滑‗駐車場‗アクセス2
すれ違い出来ない道もあります。
日光‗床滑‗駐車場‗アクセス1

クラーケン
この道で対向車来たらイヤですよねー。
運よく対向車来ませんでした。

所感

駐車スペースの確保がちょっと大変ですね。それでも一回は行ったほうが與位です。楽しいですよ~。
今回は、動き回ってましたが次回はイスとテーブル持って行ってゆったりしてみたい。

この記事が気に入ったらシェアしてね