壬生町 黒川の里ふれあいプールはスライダーが魅力

ふれあいプール
子連れ遊び
クラーケン
こんにちは!クラーケン(@Wowdelicious)です。

規模の大きいプールは幼児にとっては宝の持ち腐れと思い、今まで行かなかったのですが、
5歳くらいになると、規模の大きいプールに行っても楽しめるようになります。

で、めちゃくちゃ大きいわけではないが、人気のプール
「壬生町 黒川の里ふれあいプール」に挑戦してきました!!

黒川の里ふれあいプールの施設情報

プールの種類と施設

プール&スライダーの種類

プール

・200m流水プール    水深1.0m
・幼児プール        水深30~35cm
・子供プール        水深50~55cm
(・25m練習プール )使用中止中(2018/8/15時点)

スライダー

身長制限は全スライダー120cm以上ですメガネも不可。
・スラロームスライダー   56.50m
・アドベンチャースライダー 126.45m
・川下りスライダー     101.00m
・直線スライダー:北側   24.00m

プール内の施設

・管理棟(指導室、医務室、ロッカー室(1005台)、更衣室、便所)
・休憩所
・テント休憩所
・駐車場(473台)、臨時駐車場2カ所
・自転車駐輪場(170台)
・売店、自動販売機
・空気入れはもちろんあります(激混みです)

オムツ不可
オムツの外れていない乳児は使用できません。
(水遊びパンツも不可)

利用期間・営業時間

開園日

2018年7月14日~7月16日、7月21~日9月2日(期間中無休)

開園時間

9:00~18:00(入場受付17:00まで)

料金

1日券

一般(高校生以上):700円
小・中学生    :400円
幼児       :無料

駐車場

・473台

アクセス

壬生町大字羽生田241番地
tell:0282-82-9479

まずはチケットを買おう

お盆ど真ん中に行ってきたのですが、めちゃ混んでました!

券売機2台と窓口

券売機2台、窓口1箇所

券売機が2台(1号機(写真左)、2号機(写真右))と窓口が1つあります。窓口は券売機2号機の右側にあります。
券売機

券売機

施設の全体像

プールの概略図

プールの概略図

プール

200m流水プール

奥のほうに小さく見えるのが流水プールです。

午前中はまだ空いてましたが、午後はイモ洗い状態でした。

幼児プール

水深30~35cmで、小さな滑り台もある幼児プールです。

幼児プール

幼児プール

オムツ外れたてのお子様には最適な場所です。

子供プール

4~6歳くらいで身長120cm未満の子供が喜びそうな滑り台があります。

子供プール

子供プール

水深50~55cmと浅めです。
子供プールの滑り台

子供プールの滑り台

スライダー

スライダーは4種類あります。

スライダー

スライダー

左から、(緑)アドベンチャースライダー、(水色)スラロームスライダー、(白)川下りスライダー、(赤と黄色)直線スライダー

白の川下りスライダーは浮き輪(無料レンタル)を借りて滑ります。その他は浮き輪無しで滑ります。

傾斜がないのでゆっくり滑り降りている感じでしたよ!

で、スライダーの身長制限120cmなんですが、かなり厳格です。管理棟で身長測定できます。

スライダー身長制限

スライダー身長制限

休憩所と売店

お次は、売店と休憩所についてです。

売店

メニューごとにレーンがあります。

売店外観

売店外観

1時間ごとに休憩があるのですが、カップ麺とやきそばは11:00休憩くらいから大行列ができてました。

メニューは、お決まりのやつですね。

メニュー

メニュー

カップ麺を食べる場合
一応、カップ麺は売店そばの「ふれあいプール休憩所」で食べることになっています(「カップ麺持ち歩かないで」って放送も流れてる)。
が、昼に「ふれあいプール休憩所」に空きがあることはほぼ無いです。
ので、カップ麺を食べる予定の人は、売店そばに陣取りすることをオススメします(売店そばで食べれば許されると思う)。

休憩所

売店のすぐそばに「ふれあいプール休憩所」があります。テーブルとイスが置いてあります。
朝早くに行けば場所確保できると思います。

木の下はテント禁止区域です。レジャーシートだけあればOK!

まとめ

壬生町にある「黒川の里ふれあいプール」を紹介しました。身長120cm以上あれば4種のスライダーがあり非常に楽しめます!
120cm無くても子供プールの滑り台と流水プールで十分満足です!
プール選択の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「黒川の里ふれあいプール」から近場の施設紹介です。
「おもちゃ博物館」は子連れに最高の施設だった
インスタ映え間違いなし!ケーキハウスヒガノの「まるごとシリーズ」
「とちのきファミリーランド」は年長さんから小学校低学年にオススメ!
【栃木県】大松山運動公園プールは穴場スポットだった