【QC3級】QC検定3級の受験を強制された人向けの勉強方法を語る

QC検定3級の勉強方法 QC検定
クラーケン
こんにちは!クラーケン(@Wowdelicious)です。
最近、QC検定受験を推奨している企業が増えているようです。

3級合格は全社員必須!を掲げているメーカーもあるとか。
このページを見ている人は、強制された人も多いのでないでしょうか。

私も受験することになった当時は、QC?手法?実践?なんかよくわかりませんでした。
ので、調べたことをまとめました。

さっそく 行きましょう!

そもそもQCって何よ?

Quality Control略してQCです。日本語だと品質管理です。

品質管理とは
ねらいの品質を設定し、それを実現していくために行う組織としての体系的活動です(QC検定4級のテキストから引用)。

どんな試験?

試験範囲は大きく分けて
品質管理の実践」 と 「品質管理の手法」の2つに分かれています。

クラーケン
恥ずかしながら、私は「実践」?「手法」?なにそれ?って感じでした。。

簡単に言うと、

「品質管理の手法」 → 計算問題(3級は計算問題少ない)
「品質管理の実践」 → 暗記問題(法律とかルールを覚えれる感じですかね。)

です。

制限時間内に「手法(計算問題)」と「実践(暗記問題)」を解けばOKです。

例えば3級なら、90分以内に手法と実践の両方を解けばよいです。
問題冊子は「手法」と「実践」あわせて1冊です。

 合格基準は?

例えば、3級なら

・「手法」50%以上、「実践」50%以上

かつ

・総合得点概ね70%以上

になります。

「手法」も「実践」も両方勉強しなくてはならないですね。

これも公式ウェブサイトで詳しく見られます。

QC検定 合格基準

 合格率は?

3級の場合
第1回(2005年)     :合格率約90%
第2~15回 (2006~2013):合格率約70%
第16~25回(2013~2018):合格率約50%

えーっと、だんだん下がってますね。
難易度が上がっているのでしょうか?はたまた、受験者の質が落ちているのか(強制受験が増えている?)?
おそらく、両方だと思います(予想)。

 試験日程は?

年2回(3月、9月)です。

 出題範囲とレベルは?

第20回(2015年9月)から出題範囲とレベルが改定されています。
が、特に恐れることはありません(ほんのちょこっと範囲が増えただけ)。

例えば、3級なら

「品質管理の手法」の出題範囲(ver.20150130.1)

■ データの取り方・まとめ方
 ・データの種類
 ・データの変換
 ・母集団とサンプル
 ・サンプリングと誤差
 ・基本統計量とグラフ
■ QC 七つ道具
 ・パレート図
 ・特性要因図
 ・チェックシート
 ・ヒストグラム
 ・散布図
 ・グラフ(管理図別項目として記載)
 ・層 別
■ 新 QC 七つ道具【定義と基本的な考え方】
 ・親和図法
 ・連関図法
 ・系統図法
 ・マトリックス図法
 ・アローダイアグラム法
 ・PDPC 法
 ・マトリックス・データ解析法
■ 統計的方法の基礎【定義と基本的な考え方】
 ・正規分布(確率計算を含む)
 ・二項分布(確率計算を含む)

■ 管理図
 ・管理図の考え方,使い方
 ・エックスバーアール 管理図
 ・p 管理図,np 管理図【定義と基本的な考え方】
■ 工程能力指数
 ・工程能力指数の計算と評価方法
■ 相関分析
 ・相関係数
クラーケン
赤字の部分は、第20回(2015年9月)以降に増えた範囲です。

「品質管理の実践」の出題範囲(ver.20150130.1)

■ QC 的ものの見方・考え方
 ・マーケットイン,プロダクトアウト,顧客の特定,Win-Win
 ・品質優先,品質第一
 ・後工程はお客様
 ・プロセス重視(品質は工程で作るの広義の意味)
 ・特性と要因,因果関係
 ・応急対策,再発防止,未然防止,予測予防【定義と基本的な考え方】
 ・源流管理
 ・目的志向
 ・QCD+PSME
 ・重点指向《選択,集中,局部最適》
 ・事実に基づく活動,三現主義
 ・見える化《管理のためのグラフや図解による可視化》,潜在トラブルの顕在化【定義と基本的な考え方】
 ・ばらつきに注目する考え方
 ・全部門,全員参加
 ・人間性尊重,従業員満足(ES)
■ 品質の概念【定義と基本的な考え方】
 ・品質の定義
 ・要求品質と品質要素
 ・ねらいの品質とできばえの品質
 ・品質特性,代用特性
 ・当たり前品質と魅力的品質
 ・サービスの品質,仕事の品質
 ・社会的品質【定義と基本的な考え方】
 ・顧客満足(CS),顧客価値【言葉として】
■ 管理の方法
 ・維持と管理【定義と基本的な考え方】
 ・PDCA,SDCA,PDCAS
 ・継続的改善【定義と基本的な考え方】
 ・問題と課題【定義と基本的な考え方】
 ・問題解決型 QC ストーリー
 ・課題達成型 QC ストーリー【定義と基本的な考え方】
■ 品質保証:新製品開発【定義と基本的な考え方】
 ・結果の保証とプロセスによる保証
 ・保証と補償【言葉として】
 ・品質保証体系図【言葉として】
 ・品質機能展開【言葉として】
 ・DR とトラブル予測,FMEA,FTA【言葉として】
 ・品質保証のプロセス,保証の網(QA ネットワーク)【言葉として】
 ・製品ライフサイクル全体での品質保証【言葉として】
 ・製品安全,環境配慮,製造物責任【言葉として】
 ・市場トラブル対応,苦情とその処理

■ 品質保証:プロセス保証【定義と基本的な考え方】
 ・作業標準書
 ・プロセス(工程)の考え方
 ・QC 工程図,フローチャート【言葉として】
 ・工程異常の考え方とその発見・処置【言葉として】
 ・工程能力調査,工程解析【言葉として】
 ・検査の目的・意義・考え方(適合,不適合)
 ・検査の種類と方法
 ・計測の基本【言葉として】
 ・計測の管理【言葉として】
 ・測定誤差の評価【言葉として】
 ・官能検査,感性品質【言葉として】

■ 品質経営の要素:方針管理【定義と基本的な考え方】
 ・方針(目標と方策)
 ・方針の展開とすり合せ【言葉として】
 ・方針管理のしくみとその運用【言葉として】
 ・方針の達成度評価と反省【言葉として】
■ 品質経営の要素:日常管理【定義と基本的な考え方】
 ・業務分掌,責任と権限
 ・管理項目(管理点と点検点),管理項目一覧表
 ・異常とその処置
 ・変化点とその管理【言葉として】
■ 品質経営の要素:標準化【言葉として】
 ・標準化の目的・意義・考え方
 ・社内標準化とその進め方
 ・工業標準化,国際標準化
■ 品質経営の要素:小集団活動【定義と基本的な考え方】
 ・小集団改善活動(QC サークル活動など)とその進め方
■ 品質経営の要素:人材育成【言葉として】
 ・品質教育とその体系
■ 品質経営の要素:品質マネジメントシステム【言葉として】
 ・品質マネジメントの原則
 ・ISO9001
クラーケン
出題範囲だけ見ると、「品質管理の実践」のほうが難しそうですね。

その他の級の試験内容は公式ウェブサイト見てください(PDF)。
各級の試験内容とその内容

勉強方法は? 

まずは4級のテキストをざっと読んでおくことをお勧めします!
公式サイトから4級のテキストはダウンロード可能

そのあとは、過去問題を解きまくりましょう!

クラーケン
「過去問解きましょう」では芸がないので、少し出題傾向を分析します。




「品質管理の手法」の出題傾向を分析

手法の出題分野は(「過去問題で学ぶQC検定3級」の分類による)

●データの取り方・まとめ方
●QC七つ道具
●新QC七つ道具(定義と基本的な考え方)
●統計的方法の基礎(定義と基本的な考え方)
●管理図
●工程能力指数
●相関分析

です。が、
知りたいのは、どれが出題されるの?ってとこですよね!

クラーケン
ぶっちゃけますと、まんべんなく出題されます。しかし、無理やりにでも優先順位をつけたいと思います。。過去9年分(2010~2018年)「過去問題で学ぶQC検定3級」シリーズを調査しまくりましたよ。

出題率の調査には、こちらの過去問題集を使用しました。

で、結局何が一番出題されているの?

QC検定第7回~25回の過去問を調査しました。
その結果、
出題数が多いのは「QC七つ道具」「管理図」です!
ただ、「管理図」はQC7つ道具の中の一つです。なので、「QC七つ道具」をマスターすればQC検定3級の合格がグッと近づきます!
「QC七つ道具」と「管理図」で「手法」分野の出題数の50~70%を占めます(クラーケン調べ 第7回~25回を調べました)。

特に「管理図」はほぼ毎回出題されています(1問でなく2問の時もあり!)。

ということで、まずは「QC七つ道具」から手を付けましょう(7つあります)。「QC七つ道具」の中でも特に「管理図」から始めましょう!

クラーケン
まずは、「管理図」ね!
補足
残念ながら「QC七つ道具」以外の分野も満遍なく出題されています。
ので、全範囲勉強が必要です。
ただ!勉強時間は限られているので、出題率が高い所から攻めるのが良いと思います。

QC7つ道具って?

まずは、QC7つ道具の中身を見ていきたいと思います。

QC7つ道具はこれでした。

1.パレート図
2.特性要因図
3.ヒストグラム
4.グラフ
5.チェックシート
6.散布図
7.管理図

が、今現在は「層別」も加わり、「QC7つ道具」は7つでなく8つになってます。

1.パレート図
2.特性要因図
3.ヒストグラム
4.グラフ
5.チェックシート
6.散布図
7.管理図
8.層別

「グラフ」と「管理図」を一緒にして、「QC7つ道具」という場合もあります。

1.パレート図
2.特性要因図
3.ヒストグラム
4.グラフ/管理図
5.チェックシート
6.散布図
7.層別
クラーケン
7つでも8つでどっちでもいいわ!

QC7つ道具の何が出題される?

知りたいのはやはり、出題率。
出る順に制覇していきたいですよね!

クラーケン
もちろん調査済みです!

で、「管理図」が最も出題率が高いことは先ほど書きました。
当然、「管理図」以外の出題率も調べましたよ。

その結果

「管理図」の次に出題率が高いのは

「散布図」
次が
「ヒストグラム」

そして次が同率で
「パレート図」と「特性要因図」です。

まとめ 

QC検定3級の「手法」の出題率高いところをまとめました。
試験まで時間がないときは、出題率の高い所から勉強を始めてはどうでしょうか。
もちろん、基本統計量(平均値とか標準偏差とか分散とかを計算するやつね)も勉強必須ですよ!

最優先 :「管理図」と「散布図」
優先  :「ヒストグラム」、「パレート図」と「特性要因図」